誰もが一度は見たことがある食品サンプル。
レストランのショーウィンドーから始まり、今日ではストラップ、小物入れ、更にはiPhoneケースなど 私達の身近な存在となっております。

従来の食品サンプルの主な素材は「蝋(パラフィン)」でしたが、破損などが多く耐久性に問題がありました。 そこで、現在は「塩化ビニール」を使用しております。 その結果、耐久性はもちろん、メンテナンスを簡単に済ませることが可能になりました。 また細部にわたって複雑な形をリアルに再現できるのも、樹脂ならではの事です。

ながお食研は受注生産を専門とし、長年のキャリアと経験を重ねてまいりました。
お客様のニーズに合わせた、オリジナルの食品サンプル作りを行います。
お店の売り上げ、販売促進のために精一杯努力していく所存でございます。

ページのトップへ戻る